ノンデタベテウタッテ飛んで、またノンデ。香港他アジア近辺でのキャメロンライフをご紹介していきたいと思ってます。


by dragonsommelier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

勝山びいき。


ちまたでは、小島よしお 「でも、そんなのカンケーねぇ! オッパピー!」が、
大人気だが、私が最近注目しているお笑い芸人がいる。

その人は、

ムーディ勝山

d0005381_11164670.jpg


デビュー曲 「右から来たものを左へ受け流すの歌」を聞いた時は、

こんな笑いがあったんだと感動し、

「数字の6に5を足したの歌」を聞いた時は、

彼の笑いの独創性に尊敬を覚え、

「上から落ちてくるものをただ見てるの歌」 を聞いた時は、

この力の抜け加減にカリスマ性を感じた。

とにもかくにも、私の中での大ヒット。

皆様 「ムーディ勝山」 の歌をぜひ一度 聞いてみて。

ムーディ勝山についてはコチラ。
[PR]
by dragonsommelier | 2007-08-31 11:29 | 仕事について

ほんとは、ほんとは、ランクヮイフォンへくり出すつもりだったのに。

疲れていたのか、ちょっと休もうと思ってベットへ横たわったら、

あああああ・・・・・・もうこんな時間。

午後11時半。  携帯を見ると、6件のミスコール。

ごめん。ごめんよ。すみません。

もう今からだったら出れないよね。ってか、私も出れないし。

疲れていたのかな。 目覚まし、ちゃんと午後10時にセットしていたのに。

自分の無責任さにあきれ・・・・・ワインを飲み始めてから・・・・

ふと気づいた。

まだ観ていないDVDがあることに。

「1リットルの涙。」  ちょっと昔のドラマだと思いますが、

キャメロンは、第6話までで大泣きに大泣きで(計6時間)、

早くも朝を迎え、ああ本日土曜日はこれから寝るともう夜でって、

大切な一日をきっと後悔する一日にするんだろうなって、

だったら寝ないでこのままいようか?

そんな訳にもいかないので、寝る。

このドラマの感想については、起きたら書く。

もうとっくに1リットル以上の涙を流して、目がすごいことになってる。

コンタクトがもう曇りに曇って、ゴロゴロしている。

とりあえずは、寝よう。

そうしよう。  そうだ、いったん寝た方がいいよな?

それでは、おはよう。 でなくて  おやすみ。
[PR]
by dragonsommelier | 2007-08-25 07:48


やった~い

ホッとしたよ~!

首が一年繋がった。  パス致しました。 免許更新。

これで、やっとチーフパーサーのトレーニングが受けられるよ。

昨晩はちょっと眠れなくて、今すごい疲れているんだけれど、

行くよ~!

今夜は、   ランクヮイフォン  へ!

くり出すよ~!

飲んで歌って踊っちゃう   んだも~ん!

皆様、今夜11時頃お近くにいたらぜひ、キャメロンにご連絡を。

一緒に 飲も っ。
[PR]
by dragonsommelier | 2007-08-24 20:06 | 仕事について

眠れん。




あああああ・・・・・眠れん。

一通りは勉強した。

もう、どこをどうやって勉強したらいいのかわからなくなって、

9時頃から飲み始めた。

これで・・・・・ええええっ!  もう 5缶目  

今日は、冷蔵庫にビールが入っていたので、ワインではありません。

不安だ。   ああああ、      とっても 不安  だ。

明日のテストは、いったいどうなるのか?

寝なくちゃな・・・・。

じゃ、もう 一缶 飲んで寝ることにしよう。
[PR]
by dragonsommelier | 2007-08-24 00:22 | 仕事について

昇進試験結果発表!


インフライトサービス部のマネージャーから呼び出しがかかった。

私、何したっけ?前回のフライトでもこれといって何も問題なかったし、
授業でもこれといって何もなかったように思う。

不安なままその部屋に入ると、
マネージャーのミッシェルが、

「キャメロン、どうして私がここに呼んだかわかるわよね?」

と、聞いた。

キャ: 「ハイ・・・? 私、何かやっちゃいましたか?」

(でも、私、全然飛んでない・・・・んですけど・・・それが何か?」

ミ:「 おめでとう、 キャメロン!」

キャ:「ハ、ハイ・・・?」

ミ:「これからは チーフパーサー として、クルーをよろしくお願いしますね。」

キャ:「えっ???」

なんだかとたんに、涙がにじんできてこぼれ落ちそうになった。

キャ:「ほんとですか?」

ミ:「これから本当に大変だと思いますけど、あなただったら大丈夫。
そう思って、決めたんですよ。 キャメロンに。」

うれしかった。 本当にうれしかった。 やっぱり、これでいいんだと思った。

この会社は、いつも、 いつもそう 、私が

「ああああ・・・もうダメだ・・・やめちゃおうか?  そうしちゃおう・・・・
その方が楽だよな~・・・・ここら辺で 潮時 とするか?」

そう思った時に、必ず私に  助け舟 を出してくれる。

欲張ってはいけない。

あれもこれもと全てを手に入れようとしても、私には無理だ。

私を必要としてくれる誰かがいて、どこかで私の日々の働きを見てくれていて、

そこでご褒美として、こんな機会を与えてもらえるなら、

喜んで受けて立とうじゃないか!

キャ:「ありがとうございます。これからも、今まで以上に頑張ります。」

ミ:「キャメロン、頑張らないでいいのよ。 そのままでいいのよ。
今のあなたに、私達は大いなる期待を持って決めたんですから。」

こらえていた涙が、ホロホロっとこぼれてしまった。

だから、私はこの会社に長くいてしまったのかな?

本当にうれしかった。 なんか報われたような気がした。

恋愛では、 全然ダメ な私ですが、
仕事では不思議なほどこれまで何の壁にもぶち当たったことがない。
本当にありがたいことだ。

明日は、エマージェンシーの試験。 これを落としたらこのチャンスも無駄になる。

プレッシャーだな。 こんなプレッシャーはいつものことだけど。 頑張らないとな。

ボスがいなくなって、目標を見失ってしまっていた私に、 新たな道 が拓けた様な気がした。

チーフパーサーというポジションがこれからまた、どんな勉強をさせてくれるのか、

本当に楽しみで、 この仕事の極みの極み、最終段階に突入した。


そんな気がした。
[PR]
by dragonsommelier | 2007-08-22 06:50 | 仕事について

またもや試験。



あああああああああああああああああ。
ふふふふふっふふふふふふっふふふ。
ががががががががっががががっがが。

ストレスが絶好調? ち、ちがうな・・・・爆発寸前であります。

キャメロン、またもや一年に一度のエマージェンシーの試験のために
勉強をしております。この免許が更新できないことには
私のクビは一年繋がらない。

今回で何回目?・・・・もう どぉ~んだけ!
毎回新人のように緊張しております。

風邪のため、この2週間ほど誰とも外に遊びに行っていない。

試験が終わったこの週末には、誰かキャメロンと一緒に

飲んで歌って踊って!
[PR]
by dragonsommelier | 2007-08-21 11:02 | 仕事について

裁判所 その②



前へ進んでいくと、裁判官が、「英語は話せますか?」

キャ:「ハイ。」

栽:「それでは、始めます。 7月21日、TSTと中港城の横断歩道で・・・ブラブラブラ・・・、
  これは事実ですか?」

キャ: 「ハイ。」

栽:「罪を認めますか?」

キャ:「ハイ。」

栽:「何か異議、申し立てはありますか?」

キャ:「あの・・・異議ということではないのですが、その日は体調が悪く、
風邪を引いてまして・・・・コホコホコホッ。」

咳がまた止まらなくなった。

栽:「聞こえません。私が理解している限りでは日本人というのは、
衛生面でもすごく気を使い、風邪を引いているのであればマスクをする
というのが 常識 だと思っていましたが・・・・。」

キャ:「・・・・・・・。」   (なんだ コイツ 。)

キャ: (気を取り直して) 「ハイ、申し訳ありません。本日は初めての法廷ということも
ありまして、マスクをしていては失礼ではないかと思ってしてきませんでした。
大変失礼致しました。」

栽:「 フフッ・・・。 顔なんて見せる必要なんてありません。 (キッパリ。)  
それでは、続けて下さい。」

キャ:   (なんだ コイツ 。 なんて嫌なヤツ....。)

キャ:「 ハイ、その当日はマスクをしていまして、咳もひどく予約を入れていた、
クリニックの時間に間に合わないのではと思い急いでいました。
信号が赤なのにも気づかず、信号無視をしてしまいました。大変申し訳ありませんでした。」

栽:「  ・・・・・・・。  マスクってを覆うものではなくて、を覆うものですよね?
ということは、信号が赤だったことは、見えたはずですよね?」

キャ:   (なんだ  この 野郎 。  お前が裁判官じゃなかったら、  殺す )

「申し訳ありません。その通りです。 香港市民として、守らなくてはいけない、
交通法規を守らず、大変申し訳ないことを致しました。本当にすみませんでした。」

栽:「で、月収はどのくらいですか?」

キャ: 「はっ?     ハイ・・・・    xxxxx  香港ドル。  です。   」

なにやら、裁判官はメモっている。

栽:「 それでは、罰金は・・・・・  HK $300 とします。

が、払えますか?」


キャ: ニッコリ。 「問題ございません。ありがとうございます。」


栽:「それでは、退廷。」

なんだこりゃ?  そういうことかい?

緊張したよ。  でまた、なんて嫌味なヤツだい? 裁判官ってヤツは?

香港在住13年。初めての裁判所体験。初めての被告人席。 フフフ・・・。

これ以上の罪を犯さないようにと戒めた・・・・。

風邪が未だに治らない・・・・今日からまたマスク着用の怪しげな日本人


キャメロンで・・・・ありました。
[PR]
by dragonsommelier | 2007-08-20 02:05

裁判所 その①


何事も経験だ。

8月17日(金) 午前9時半 クントン裁判所 第七法廷

重い扉を開けると、もうすでに30人くらいの人が着席していた。

みんな信号無視をしたのかな?

書類を提出しておとなしく座って待っていると、広東語でなんやら説明がされ、

「コンコンコンコン。」 と正面左の扉から、裁判官が入廷してきた。

と同時に、全員が、「起立、礼、着席。」

おっと、ちょっと、タイミングがずれたような気がする。 大丈夫だろうか?

裁判官は一番上の壇の真ん中に座った。 少しも笑みを浮かべない。 

裁判官・・・・・怖いよその顔。 そんな怖い顔しなくたっていいじゃん。

すると、一人ずつ名前が呼ばれ、裁判官の前にあるマイクのところまで進んでいく、

罪状が読まれる。

「この罪を認めますか?」 「ハイ。」 と言っているような気がする。

「異議、申し立てはありますか?」

で、罰金がどうのこうの、そのやりとりで決められているような気がする。

ええええ・・・・どうするよ。 不安だとっても不安だ。

恥ずかしいじゃないか? 何を聞かれるの? やっぱ英語だよな?

女の人はっと・・・・えっ、私とあともう一人だけ?

日本人は・・・・たぶん私だけ・・・・だと思う。

30分ほど、このやりとりを見ていて、ドキドキが止まらず咳も止まらず、待っていると、

とうとう私の名前が、呼ばれて・・・・しまった。

「ハイ。」  と、マイクのところまで進んで行った。

ああああ・・・・・・・

どうしよう・・・・・・・。
[PR]
by dragonsommelier | 2007-08-19 02:43

見逃してくれよ。


ああああ・・・・きちゃったよ。

出廷命令。  郵便うけに裁判所からのお手紙。  例のヤツ。

明日、朝9時半、クントンの裁判所まで行って参ります。

香港に移り住み13年、初めての経験。

どんなもんか体験してきます。

ああああ・・・・今回もまた風邪をひいてしまって、

またもや、マスク着用です。

素直に謝ってこよう。
[PR]
by dragonsommelier | 2007-08-17 01:52

家族。


d0005381_2422971.jpg


私は、この妹夫婦を見ていると、

素直に家族っていいもんだなと思う。

なんやかんやあっても、家族を守っていくことって本当に大変だと思うけど、

私になんて・・・・みっちぃみたいに頑張れるのかなって思うけど、

やっぱり、自分の家族があるのっていいなって思う。

ないものねだりなのかな?  

d0005381_2425223.jpg


しゅうたん、けいたんのこの天真爛漫な笑顔を見ていると、

自分の心まで洗われるような気がした。

もっと、「よってぃ~ん。」って呼んで。  もっと、「抱っこして~。」って甘えて。

よってぃんにもっと元気をちょうだい。

みっちぃは、「お姉ちゃん、こんなの毎日だったらきっと嫌になるよ。」って、

言うな・・・。 「たまに帰ってくるからいいんだ。」 って。


今朝、みっちぃが仕事に行くついでに私を駅まで送ってくれた。
 

これから仕事だというのに、けいたんが急に熱を出し、車の中で吐いた。


「ごめんね。けいたん。ごめんね。」 車を運転しながら、みっちぃが心配そうに
けいたんの胸を撫でている。病院に連れていくか、それとも保育所に連れていくか?
時間がない。


「お姉ちゃん、大変だよ。でもね・・・これが私の選んだ道なんだよね。」とみっちぃが言う。


お母さんになるって、家族でいるってほんとに大変なことなんだ。
[PR]
by dragonsommelier | 2007-08-07 02:46 | ファミリーについて