ノンデタベテウタッテ飛んで、またノンデ。香港他アジア近辺でのキャメロンライフをご紹介していきたいと思ってます。


by dragonsommelier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

妹みっちぃのお誕生日♪

12月25日(日)

d0005381_1839785.jpg


みっちぃ、お誕生日おめでとう!
こんな可愛い子供達2匹(★)と優しい旦那様とすごす
お誕生日はとっても幸せ~!
いくつになっても、お母さんになっても、私にとっては、
大切な妹。ハッピはっぴーバースでぇーto You♪

来年もまたみっちぃにとってLOVEに満ちあふれた
素敵な年となりますように!

MERRY CHRISTMAS & HAPPY NEW YEAR!
[PR]
by dragonsommelier | 2005-12-26 18:40 | ファミリーについて

偶然台北にて・・・。

12月20日(火) 台北 気温摂氏16度。

上海ステイが終わり今日は、上海⇒香港⇒台北と飛んで参りました。

ホテルにチェックインしたのは午後2時。

「昨日も夜遅くまで飲んでたからな~今日は寝るぞ。死ぬまで寝てやる!」

と思いきや・・・ホテルロビーのソファーに・・・・。

某C航空会社にお勤めのシニアパーサー【ビビアン】先輩がいるではないか!

彼女にはかれこれ4年ほどお会いしていなかった。

キャ:「ビビアンさんではないですか?」
ビ:「えっ!キャメロンさん?」
キャ&ビ:「お久しぶりですぅ~!」
ビ:「今晩の予定は?」
キャ:「全然あいてまっす♪」
ビ:「じゃ、行っとく?いいところがあるのよ~!」

ということで、行ってまいりました。
レトロな台北の居酒屋へ。
雰囲気もよい。肩肘張らずになごめる感じ。


d0005381_4242257.jpg



ビールがこんなお湯のみに
注がれるの。


d0005381_425534.jpg




海老チリ。卵と山芋のオムレツ。
ビーフとセロリのチンジャウロースー。


d0005381_4261745.jpg



レトロでしょ~?


d0005381_4264031.jpg

                      店構えはこんな感じ。


台北といっても桃園市にございます。


私達のステイしてるホテルよりタクシーで5分が魅力的。
漠油湯
桃園市三民路ニ段41号
営業時間:18:00~02:00まで 

ホテルの人も知ってる有名なとこらしいです。
[PR]
by dragonsommelier | 2005-12-24 04:31 | グルメについて
美容院で綺麗にしてもらった私達。

いそいそと待ち合わせのイタリアンレストランに向かう。
今回このレストランを紹介してくれるのは、インテリアデザイナーのT氏。
シェフは中国人。日本で料理を勉強されたらしく、イタリアンはイタリアンでも
日本人の口に合うイタリアンなんだそう。T氏は週3回はここに通い、
このレストランなしでの上海生活なんてありえないほど愛していらっしゃる。
グルメの○ちゃんも太鼓判。

ということで、来ちゃいましたとうとう!

Trattoria Isabelle
d0005381_13282289.jpg
私達が選んだメニューは:



前菜
ムール貝のチーズ焼き
カルパッチョ
チーズフィレ
(カマンベールチーズを
ビーフフィレで巻いたもの)


d0005381_1330252.jpg
【シチュードビーフ】



メインコース
シチュードビーフ
ラム肉のグリル
オソブッコ
(牛のほほ肉の煮込み)
オリーブバジルパスタ


d0005381_133044100.jpg
【ラム肉のグリル】



デザート
チーズケーキ
ブラックフォレスト
ティラミス


d0005381_13323971.jpg
【オソブッコ】




ワインは赤をスペイン 
カベルネソービニョン2本と
フランスボルドーを1本チョイス。

〆はコーヒーで。


d0005381_13334593.jpg


どれを頼んでもおいしくて
お値段はかなりリーズナブル。ワインは80元~。前菜は35元~。メインで80~150元。





オトナ5人でこれだけ食べて飲んで(ごめん○ちゃん風邪だったから食べれなかったもんね。)一人280元(4000円)。


d0005381_142571.jpg

この後、私達は元フライトアテンド(ソムリエ)のママさんがいらっしゃるという会員制のBar【Blis】にて乾杯。さすがソムリエの方が選んだだけのことはあります!このシャンパン。スペインのモノでとてもドライでおいしかった。


d0005381_143335.jpg




ハニー、わざわざケーキまで
用意してくれてありがとう!
20歳のキャンドル!
うれしかったわよ♪


d0005381_13344355.jpg

ぜひ上海にお寄りの際は、
このレストランでお食事を!

Italian Restaurant
Trattoria Isabelle
No. 139 Xin'an Road,
Shanghai
Tel:5386-0827
[PR]
by dragonsommelier | 2005-12-22 13:26 | オススメの場所について

女は美容院好き。

12月19日(月) 上海 気温摂氏4度。

私はほんと死ぬ間際を実感した。

昨夜はENでクリスマスパーティー。明日は仕事だから早く帰らなくちゃ!と
午前0時の鐘を聞くと同時に解散!のはずだったのに・・・。

酔っ払ってどうにもこうもできなくなった女2匹+男1匹。
今朝の今朝までキャメロン宅で飲んでいた。

睡眠2時間弱で香港⇒上海を飛んだ。

そうよいけないのは、私。NOOOO!と言えなかった私がいけないのよ。
わかってるわ!そんなこと。だって私も好きなんだもの。飲むの。

ま。そんなことはさておき、今日は前回「Crab Shanghai」でお会いした
インテリアデザイナーT氏のご紹介で割引クーポンを握り締め、
上海の美容室「Pinky & Dianne」
(最近オープンしたばかりのお店。)へ、行ってまいりました。

女の子は、やっぱみんな美容院好きでしょう?
あんな大きな鏡の前に座って、どんどん変わっていく自分の姿なんかみていると
なんだかウキウキしてきて、みるみる表情まで変わっていくのはほんと不思議。

d0005381_11212315.jpg




隣を見ると上海ハニー。
カットも終えてなんだか
すごいことになっていた。
(今回も本人たっての希望で
顔を隠しております。残念。)


d0005381_11223120.jpg





安心安心。
こういうことになるのね。
ハニー。オサレ♪


d0005381_1126022.jpg



2時間睡眠なんてこと
ぶっ飛んで
ご機嫌120%!
元気になってきたわよぉ♪


d0005381_11281164.jpg


どうよこの美女2人。
上海の街を歩いてたら皆が
振り返ること間違いなしでしょ!

今回、カット+トリートメントで(クーポン割引)
200元(3000円くらい)。
カットをしてくれた日本人のYUKAさんと
ブローを担当してくれた中国人のJAYSON君。
仕事も丁寧でできあがりにかなり満足。






気分も一新!ハニー行くわよ!これから例の知るひとぞ知るという
【隠れ家的】イタリアンレストランに!

d0005381_11335169.jpg
Hair Lounge
Pinky & Dianne
4F No. 392, Tianping Road(天平路),
Shanghai
Tel: 021-64477635
Price List 等詳しくはコチラ
[PR]
by dragonsommelier | 2005-12-22 11:38 | 女であることについて

私を一人にしないで。

12月17日(土) 誕生日当日。

やってきました。とうとうこの日が!キャメロン3X歳。もうどこからどうみても3X歳。
今までなんとか抵抗して若作りをしてきましたが、もう愛読書の「CamCam♪」
を諦めて、「Oggi」か「Domani]あたりに変えなけれいけない歳になりました。
(ちょっと遅すぎ?)

先日12月8日にオープンしたばかりの「鉄板焼 将太」にて、
ボスあまのっちのご好意でバースデーパーティーをすることになりました。

全部で15人ほどの友人達が集まり、お誕生日をお祝いしていただいて感謝感激。
このままずーっとこの夜がつづけばいいのになぁ・・・と思った最高の夜でした。

d0005381_0271221.jpg
ボス あまのっち
低予算でお願いしていたので、かなり無理をさせてしまいました。ごめんなさい。でも、伊勢海老やらあわびやら和牛のさしみやら、グルメなメニューを取り揃えていただいて、あまのっちのプロとしてのホスピタリティーを100%感じました。大変ご馳走様でした。


d0005381_027369.jpg


おまえら仲よすぎんだよ!
賢②&アニー
ウィンク⇒賢②⇒キャメロン⇒アニーと友達のワは広がっていった。アニーは私と一緒で教官やってます。3年来の友人。


d0005381_0283062.jpg



やっぱイヤラシイ?
タッキーとのツーショットは・・・なんかイヤラシイ。


d0005381_0291011.jpg

りょうくん
のぶ
のぶ、仕事が終わって駆けつけてくれてありがとう。でも、みんなできあがってたからちょっと寂しかったでしょ?りょうくんも、香港これからだね~。皆がいるから安心よ。


d0005381_0305210.jpg


お似合いだよな~!
このカップル。 
香港の林家ぺー&パー。
もとい!
アイビィー&バーナード


d0005381_0322024.jpg


某D航空会社のY香、
めいろい。アイビィー。
ウィンク

この仲間がいるからこそ、
この仕事をつづけてられるのかも。


d0005381_0331677.jpg


こんなのつけてたら、
やる気満々みたいじゃない?
あなただったらやっぱ引く?
引くよな?
この深紅のランジェリーが陽の目を
みる日はいったいいつ?


d0005381_0334914.jpg






お誕生日ケーキはやっぱうれしい♪


d0005381_3114292.jpg


某C航空会社の
ナツ夫ヤイ子
以前にも私のブログに
度々登場!
4年来の大親友。


d0005381_9381875.jpg




いづみぃ~。香港にきてから毎年のようにお祝いに駆けつけてくれる10年来の親友。某D航空会社の元後輩。今は日系航空会社のグランド。


d0005381_0341551.jpg

                         美しき女達。


d0005381_0344031.jpg

                         美しき男達。


d0005381_0352466.jpg



この他にもメッセージをくれた方々

りかぞ~、みっちぃ、さっつん、カオリン、KAORIN,なっぴー、あいこちゃん、みっきぃ、
たかえちゃん、はげちゃん、しほさん、みかっち、スーキチさん、やどんちゃん、
シローさん、matsumo-hさま。

この場をおかりしてどうもありがとう!

彼氏なんかいなくったって、皆んながいてくれたらそれでいい!

(いや?でもやっぱり彼氏は欲しい。)

こうして香港で十数年大好きな仕事をしていられるのも
皆んながいてくれるおかげ。

じゃなかったら、どんなに仕事が楽しくったって、きっとこの仕事
やめてたよな・・・・。

あなた達がいない香港生活なんてやっぱり考えられないのよ!

だから私を、このまま絶対に一人にしないで・・・・。


鉄板焼 将太
9/F, Kyoto Plaza, 491-499 Lockhart Rd.,
Causeway Bay, H.K.
[PR]
by dragonsommelier | 2005-12-22 00:36 | マイフレンドについて

BBQ on my birthday♪

今日はオフィスでの仕事を終えて同僚のお家でBBQ

BBQってなんだ?

ハイ! バーベキューでございます。

しかも香港スタイルの。

d0005381_494026.jpg
これがほんと面倒くさい。


だって二股のクシみたいのに、お肉やらソーセージやらを刺して火にあぶるようにして焼くんだけど、それがほんとに面倒でなかなかお腹いっぱいにならないのよ。




d0005381_4101175.jpg
たった1つのお肉を焼くのに20分。食べるの1分。そしてまたクシに刺して焼いて20分。
鉄板をつかわない。

自分が食べたいものは自分で焼く。しかも1つづつクシに刺してあぶる。その上、途中で少しづつ蜂蜜なんかを筆でいちいち塗ったりするのよ。


なんでいっぺんに鉄板で焼かないのかというと、1つづつクシに刺してあぶっている間にするたわいのないおしゃべりがいいんだと言う。

そうこうしているうちに、せーの!の掛け声。

「はっぴーバースデー トゥー ユー♪
      はっぴーバースデー トゥー ユー♪
        はっぴーバースデー トゥー キャメローン♪
           はっぴーバースデー トゥー ユー♪」」


d0005381_4113696.jpg
ケーキが運ばれてきた。

12月17日。今日は私の記念すべき(?)3X歳の誕生日。

皆んな、ありがと~!

ちょっと照れくさかったけど、皆んなの粋なはからいに感動してしまった。


さっきまで面倒くさいな~なんて思ってた香港式BBQもなんだかおもしろくなってきた。

一歳また歳を数え、大切な友達と大好きなお仕事と一緒に、これまでとは
また一味違ったナニカをこの一年築いていけたらなぁ・・・と思う。

今週末はかなり忙しくなりそう。

あれっ?もうこんな時間?     ヤバっ!

寝なくちゃダワ・・・・。

d0005381_4122522.jpg

[PR]
by dragonsommelier | 2005-12-17 04:08
キャメロンがまだ小学校一年生だったクリスマスイブの夜。

家族でクリスマスディナーをしている時、

まだ幼かった私は、お父さんにあることを聞いた。

キャ:「お父さん今晩サンタさんが来る夜だよね~?」

父:「そうだな~キャメロン・・・今年はとってもいい子にしていたから、
   サンタさんがキャメロンの欲しいものをきっと枕元に置いてくれるよ。
   おっきな靴下ちゃんと用意した?」

キャ:「うん。でも私の欲しいものはもっともっと大きなものなんだけど・・・。」

父:「それって、靴下に入らないもの?」

キャ:「う・・・ん・・・でもサンタさんが持ってきてくれるならなんでもうれしい♪
    でもお父さん? サンタさんは今夜、何をプレゼントしてくれると思う?」

その頃、まだ幼かった私は純粋にサンタさんの存在を信じていた。

父:「なんかねぇ・・・ピンク色でね・・・・確か靴下に入らないから・・・
   どうしようかって言ってたな~。」

キャ:「えっ!サンタさんと話したの!!!」


父:「・・・・・・・・(汗)。」


その夜。


私はプレゼントを早くサンタさんに届けてもらいたくて、妹みっちぃと早々とベットに入って
眠りについてしまった。

眠りについてしばらくたった頃。

ドタッ!  アッ!痛っ!  ガツッ!

「ちょっとあなた!ちゃんとそっち持って!」

「そんなこといったって、無理だって。 おっ重っ!」

ガツッ! ゴトッ!

「んっもう!あなたぁぁぁぁ~!」


私達子供部屋は二階だった。


キャ:「なんだっ?」


とりあえず寝たフリをした。

 
ゴソゴソ・・・・バタバタ・・・・


「ししししししぃ~!起きちゃうじゃない!静かにしてあなたぁ・・・!」


翌朝、私はおっきなとっても靴下になんか入るはずもない
ピンクの天地麻里(あまち まり)がシンデレラ!の写真が入った
補助輪付き自転車を枕ごしに見上げた。

キャ:「あっ・・・・これがお父さんの言っていたアレだ!」

それでも、私はまだサンタさんの存在を信じていた。

キャ:「お父さん!サンタさんがね。昨日奥さんと一緒に持ってきてくれたんだよ!
    こんな重いのに大変だったと思うよ。すごいなぁ~やっぱりサンタさんって・・・。」

父:「そ、そそうだよな~(汗)。サンタさんもキャメロンの欲しいもの
   ちゃんとわかってるよなぁ。」

それから毎週末、朝早くからもっと眠っていたいお父さんに無理をいっては、
小学校の校庭まで自転車に乗る練習に連れていってもらった。


サンタさんのプレゼントは、私が高校3年生になるまで必ず私達の枕元に届けられていた。


お父さん、お母さんほんとにありがとう。
私達は大人になるまでほんとにサンタさんがいるって信じていたよ。


もうプレゼントを考えなくてもよくなった初めての年。
お父さん、お母さんはどんなイブを過ごしたんだろう?


寂しかっただろうな? きっと・・・。


もうすぐクリスマス、皆はどんなクリスマスを過ごしますか?


子供達がプレゼントに胸をワクワクさせて・・・
きっと一年で一番ハッピーな日となりますように!

ちょっと早いけど、

MERRY CHRISTMAS & HAPPY NEW YEAR♪


d0005381_10531758.jpg

[PR]
by dragonsommelier | 2005-12-14 02:42
香港に住みついてかなり長いが、今だにつくづく思うことがある。

香港の男性はほんと優しい。

昔、イギリス領だったせいなの?レディーファーストがきっちり板についている。
いわゆるジェントルマンだ。

かなりの確率ほとんど100%の香港人の男性がこうだ→下記参照。

その①
ちょっとでも重たいものを持っていると、必ず持ってくれる。
(ハンドバックのような小さなものでさえ持ってくれる。)

その② 
ドアは必ず開けて先に通してくれる。

その③ 
食べ物の取り分けをしてくれる。もちろんグラスがあくと注いでくれる。

その④ 
デートの後は必ず、帰る時間が早い遅いにかかわらず、
お家が近い遠いにかかわらず、女の子のお家周りで車、車がなければ
タクシーで送ってくれる。

その⑤
バレンタインデーには必ず彼女のオフィスにでっかい花篭(かご)を送る。
その日にディナーを一緒にする約束をしていても決して手渡しはしない。
彼女の女としてのプライドを立ててあげるためなんだそうだ。
(香港人の女の子って見栄っ張りなのね。)

ここからは、それほどでもないが何人かの香港人男性がこうだ→下記参照。

その① 
彼が空港まで迎えに来てくれているという後輩。
彼女の仕事は某D社のフライトアテンダント。ほとんど毎日のように飛んでいる。
彼が迎えにくるのは車でではない。
車をもってない彼は電車でわざわざ迎えにくる。
ちなみに彼の家から空港までは片道一時間。

その② 
夕方仕事が終わる頃、雨が降り始めた。傘を持ってこなかった私の同僚。
しょうがなく、ロビーまで降りるとそこには同僚の旦那様。
傘をわざわざ彼女のために持ってきてくれていた。
「おまえ、朝 傘持ってでるの忘れてから・・・。」
ちなみに私達のオフィスは空港。彼のオフィスからは片道一時間。
もちろん空港から家まで傘をさして歩いて帰る訳ではない。
家の近くの最寄りのバス停まで、一緒にバスに乗って帰った。
バス停から彼女の家まで歩いて約5分

その③ 
フライトアテンダントの仕事は朝が早い。朝5時、6時出発なんてあたりまえ。
そんな朝早くても香港人を彼に持つ彼女達の朝はアツい。            
彼氏がバス停まで見送りに来てくれている。香港に戻ってくるまでしばしお別れ。
「気をつけていって来いよ。」 「うん、頑張ってくるからダーリンおりこうさんでいてね♪」
(そんな会話をしているに決まっている・・・。)

その④ 
ピアスをしたまま寝てしまった。その隣にはもちろん彼氏。
朝起きると、昨日していたはずのピアスがなくなっている。
「あれっ!なくしちゃったのかしら?」とベットのあたりを探す。
そこで彼氏。「したまま寝てたから、痛いだろうなと思ってはずしてあげたよ。」
見ると側のテーブルにきちんとピアスがそろえて置いてあった。
(これはあくまでも聞いた話。)

日本人男性としてはなんでそこまで?と思うかもしれない。
日本男児たるもの女に媚びるな!的感覚があるか、そんなこと恥ずかしくってできないし、
男がすたる。もしくはそんなことしなくても、日本人女性の方が
この香港人男性に勝るとも劣らぬ心配り気遣いができるからかもしれないなぁ・・・。

香港では、香港人男性と日本人女性のカップルの方が
日本人男性と香港人女性のカップルよりも多いのは、
きっとこういうそれぞれの立場の違いがあるからなのかなぁ・・・?

日本人男性の皆様方々、世界中どこにいっても尊ばれる大和撫子
日本人女性にちょっとだけでもいいから優しくしてね♪と心から願う
【半分香港人+半分日本人のキャメロン】ですた・・・。

次回は日本人男性の男気について語ってみたいと思います。
[PR]
by dragonsommelier | 2005-12-14 00:26

香港の男性って・・・。

昨日、ジムでの出来事。

いつものようにサイクリングルームに入ると、最近知り合いになった日本人女性
K子さんに会った。日本語で挨拶を交わし、他にも何人か香港人がいたが
レッスン開始の時間まであと5分、私達はぺちゃくちゃとおしゃべりをしていた。

開始直前、他の人達もドワーっと入ってきてペダルを軽くこぎ始めウォームアップ。
見渡すと外国人は私達日本人二人だけ。他はおそらく全員香港人。

インストラクターから、広東語で、

インス:「準備好末? 開始la!(準備はいい?始めるよ!)」の合図。

キャ(心の声):「あ、今日は広東語なのね・・・英語じゃないんだ・・・。
          まっ、しょうがない。私達二人だけだもんね、外国人。」

と、思いきや、私の隣でペダルをこいでいた香港人男性がいきなり手をあげ、

香港人男性:「有両個日本女人ga~!講英文a~!
        (日本人がいるんだから英語でしゃべってあげろよ~!)」

ま、なんて優しいんでしょ。他の人達の反応を見ると皆んな笑顔だ。
香港人だって(失礼)他人への気配りができるのね。ちょっと感動。

私達二人のためにレッスンは英語と広東語のバイリンガルで進められた。

そろそろレッスンも終盤にさしかかり、汗を拭こうとハンドルにかけていたタオルで
汗をぬぐい、ハンドルに掛けなおそうとしたところ・・・、


             ポトッ!


キャ(心の声):「しまった!落としちゃった。」

バイクのペダルは、つま先を固定するためにベルトをしているので、
ちょっとやそっとじゃ降りれない。

キャ:「もうそろそろ終わりだし、後で拾うか・・・。」

ところがまたもや突然、隣の香港人男性、速やかに自分のペダルのベルトをはずし
自転車を降りたかと思うと、私のタオルをさっと拾い、ハンドルにかけてくれた。

まぁ~なんてジェントルマン♪こんなスマートなこと
日本人男性だったらきっと恥ずかしくってできないだろうな・・・。

最後にお礼を言おうとしたけど、その彼は私に目をあわせようともせず、
さっさぁ~っとその部屋を出ていってしまった。

香港に住んでかなり長いが、ほんとに香港人の男性って優しい。それは香港人の女性が
強いから?そうならざるをえないのか?それともレディーファーストが当たり前だから?

とにもかくにも香港人男性のスマートさに感動を覚えた出来事でありました。
[PR]
by dragonsommelier | 2005-12-12 17:23

赤鬼。

妹みっちぃからのメール。

それに添付された甥っ子【啓太朗】の写真。

ごめん。みっちぃ。かなりウケた。

こりゃ~すごい!   まるで・・・・


                      【赤鬼】

d0005381_124299.jpg


                  何がそんなに悲しいの?   オイっ!!!
d0005381_133985.jpg

                  大丈夫か~? おまえェェ~!!!
[PR]
by dragonsommelier | 2005-12-12 01:05 | ファミリーについて