ノンデタベテウタッテ飛んで、またノンデ。香港他アジア近辺でのキャメロンライフをご紹介していきたいと思ってます。


by dragonsommelier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ホッと一息。


d0005381_041558.jpg

勉強の合間のちょっと一息。最近コーヒーはやめて、お茶。かなり目が冴えてきます。


今朝、2時間睡眠で台北行ってきてもまだ起きてられます。





d0005381_043543.jpg

本日のお茶:

香ばしい玄米茶に石臼挽き抹茶をたっぷりとブレンドしたみどりさわやかな抹茶入り玄米茶。

京都福寿園 「伊右衛門」


意外にイケます。 どうぞお試しあれ。
[PR]
by dragonsommelier | 2005-06-24 00:05

百戦錬磨の女・・・。


d0005381_18313635.jpg


「百戦錬磨の女でどんなに太刀打ちしても勝てそうにない!」


百戦錬磨?百戦連勝じゃなくて?なんだそりゃ?強い女ってことか?


百戦錬磨って何?どんな女なんだそれ?と思ったらどうやら私のことらしい。



ある男性A氏が私の友人Nチャンとのデート中に語ったキャメロン評だった。
(ちなみにそのA氏とは一度しかお目にかかってない。)


今まで、


キャメロンの人生って演歌みたいだよね。
(私はポップな人生を歩んでるつもりなんだけどな。)

波乱万丈な生き方してそうだよね。
(そんな経験積んでそう?)

飛行機がもし落ちたとしても最後まできっと生き残ってそうな生命力を感じるよ。
(どうもありがとう。でも、さすがに飛行機落ちたら私も死ぬよ。)

男性(元カレも含めて)から、いろんな評され方をしてきたが、これは初めてだ。

自分でもうすうすは感じていた。

最近、下の名前で呼び捨てで呼ばれることも少なくなり、年上の男の人ですら私を、

「キャメロン姉さんさぁ・・・ちょっと聞いてくれる?」

ちょっと肝が座ってそうで、どこかのクラブのママ的雰囲気をかもしだしちゃったり
しているのかもしれない。



男性評をあまり気にしたことのない私だが、



「百戦錬磨の女」


これはちょっと気になった。


強い女っていう意味?あーいえばこーいうみたいな生意気な女?


漢字に弱い私。しかも四字熟語じゃん。
現代文もさることながら、漢文・古文が一番弱かった。

四字熟語で思いつく言葉といえば・・・



二人三脚。



百人一首。



中肉中背。




ちょっと考えたところで・・・



心機一転。




もう、いっぱいいっぱいです。


やっぱ気になる。  調べてみよう!


「百戦錬磨。ヒャクセンレンマ・・・・っと。」


「百戦錬磨」でYahoo!ではヒットしなかったが、
類義語で「海千百千(ウミセンヒャクセン)」というので意味がでてきた。


世の中の経験を十分に積み、物事の裏面にまで通じていて・・・


いいぞいいぞ~!いい意味じゃなぁ~い?


んっ?まだある?


悪知恵が働きずる賢いこと。また、そういうしたたかな人を指す。
海に千年、山に千年住んだ蛇は、龍になるという伝説より。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



だめじゃん。     全然だめじゃん。



あああ・・・・そういう風に私は男の人に写っちゃうのかぁ・・・?



私は蛇のままでいたいのに、ホンコンに11年も住んじゃうと
荒波にもまれて大きな龍にまで成長しちゃうってことか・・・。


ま、いいっか。    ドラゴンソムリエってことで。


今夜は、どうも眠れそうにない。
[PR]
by dragonsommelier | 2005-06-23 04:03 | 女であることについて

脳の老化★


d0005381_1731533.jpg

プーリニィ・サン・ピエール
セル・シュール・シェール
ブルー・ド・ヴェルコール・サスナ-ジュ
ヴァシュラン・デュ・オー・ドゥー
オッソー・イラティー・ブルビ・ピレネー

ソフト
シェーブル
ウォッシュ
加熱圧搾
圧搾
アオカビ
プロセス

牛乳、羊乳、山羊乳、水牛乳・・・・・・

ふぇ~頭痛い。何をいったいどうしたら覚えられるのか?
なんだか、呪文かなんかにしか見えないチーズの名前。
最近、全然使ってなかった私の脳。使わない脳の細胞って
どんどん死滅していってしまうのね。

エンタの神様
細木数子のズバリ言うわよ!
めちゃイケ
ぐるナイ
あいのり
アネゴ!
踊るさんま御殿
さんまのまんま
恋のカラ騒ぎ    ・・・・・・・・・etc.

テレビのことで頭がイッパイの私の脳。
チーズが入る隙間なんてナイ。

試験まであと1ヶ月と2日。頑張んなくちゃな~。

カチョカヴァッロ・シラーノ
プロヴォローネ・ヴァルパダーナ
ヴァッレ・ダオスタ・フロマッツォ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

溜息。
[PR]
by dragonsommelier | 2005-06-22 17:03 | チャレンジするということ

満員御礼?☆?★?


キャメロン、とっても感謝、感激。アメアラレ?(古い!)

そして今後も益々おもしろいもの(できれば)を書いていきたいなとその決意表明!

3月からこのブログを始めてミヨウミマネでなんとか冴えない日常から
ネタ探し、どうにもこうにもネタが見つからない時はとんでもない昔、
むか~しの学生時代のしょ~もないラブネタまで披露し、なんとか
かんとか続けてきました。

毎日、レポートをチェックし、「今日の訪問者数」なんてのも、気にしながら
やっておりましたが、な、な、なんと!

昨日、6月20日月曜日。

31名!の訪問者!

他と比べることができないので、なんとも言えないのですが、私にとっては、
なんともうれしい結果!ほんとびっくりした。

こんな私の独り言に興味を持って頂いた友人の方々。ちょっと検索してみたら
このブログに迷いこんでしまった、なんともラッキー(?)な方々。

これからも、こんなしょーもない

「ドラゴンソムリエの飲んだくれ日記」

よろしくお願い致します。

毎日の何気ない日常の中から、もっと目を大きく見開いておもしろいネタを
ご披露できるよう邁進して行きたい所存でございます。

どうかこれからもご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

っていうかぁ・・・・ほんとうれしかったの。なんとかブログ週1でアップできるように
頑張ります。のでこれからもどうぞよろしくね♪
[PR]
by dragonsommelier | 2005-06-21 01:42


d0005381_112220100.jpg
あああ~。
ふぇぇぇぇ~。
飲みた~い! 

でも 勉強しなくちゃいけな~い!
で、考えついた。
これでいこう!

酔えるような気がする、且つ目も冴え、ダイエットにぴったりなノンカロリーの飲み物。


それでは、ご紹介します。ドラゴンソムリエのお薦め、

『ダイエット中のあなたにノンカロリーの x x x ♪』



<ドラゴンソムリエのワインテイスティングノート>
銘柄:Chateau Lemon-coke Light
Chateau Lemon-coke Light をもっと知りたい方はこちら

d0005381_1123085.jpg
外観:澄んだカラメル色からブラック、泡立ちが見られる、ジャンブは軽め。
香り:(第一アロマ)鼻にツンとくる刺激がある。余り吸い込みすぎると基本的にCO2なので呼吸が困難になる。レモン、シトラスの香り。
(第二・第三アロマ)化学薬品を思わせる人工的な香り。綿菓子のような甘い香りもしてくる。
味わい:シュワシュワ~と炭酸が口に広がり、鼻腔、喉ともに刺激を感じる。レモンの爽やかな香りと共に甘味を感じる。アメリカ、特に西海岸180度、青くどこまでも続く太西洋と雲ひとつない空をイメージさせる。『スキッと爽やかコカコーラ!』のあの感じである。何年寝かせても熟成はしないだろうが、賞味期限(開けなければ)約1年。開けたらその日のうちに飲むこと。余韻は2秒。


アルコール度数:0%
カロリー:Less than 2 calories
原材料:炭酸水、香料(カフェインを含む)、カラメル色、リン酸、クエン酸等。
生産地:Shatin, New Territories, Hong Kong
収穫年:2005年
標準小売価格:HK$9 (1.5L)
適温:8度
相性のよい料理:ピザ、チーズバーガー、フライドチキン、ポテトチップス・・・。
ドラゴンソムリエ ポイント: 90 点

d0005381_11361596.jpgなんだかほろ酔い・・・のはずが、
目が冴えてきたぞ!
これもカフェイン効果?

これで、勉強がはかどるっていうもんだ。

頑張るぞ~! オオオオ~!

グラスを変えると気分的に違うってこと
発見してしまった。

皆様も一度お試しあれ!
[PR]
by dragonsommelier | 2005-06-14 11:38 | ワインについて

久しぶりにランクワイフォンまで、めいろいちゃんと繰り出した。
ドラゴンボートの人たちで、今日は人いっぱいなんだろうな~なんて
思ってたけど、意外に夜7時半のランクワイフォンは静かだった。

本日の目的:
その① 久しぶりに会っためいろいちゃんの私生活のアップデート。
その② キャメロンの最近の近況報告。
その③ うちのコックピットがやってるバンドの発表会(ライブ)を聞きに行く。

食事は「Balalaika](ロシア料理)ですませ、(TSTのKnutsford Terrace
にもありますよね。)、夜もふけた10時半頃、参りました『フリンジクラブ』に・・・。

d0005381_15194043.jpg


まず入ると、日本人のバンドが演奏をしていたんだな~!あれはなんという音楽の
類(ジャンル)?ロッケンロール?なんだ?最近音楽からほど遠い生活をしている私は
それすらもわからない。ベース、ギターのテクニックは繊細・・・ボーカルは?どうかな?
ねぇ、めいろいどう思う?ちなみにドラムは知り合いの方でびっくり。

d0005381_15203197.jpg


で、その次はうちのコックピットのキャプテンマーカス率いるバンド。

d0005381_1521872.jpg


フーん。日頃一緒に飛んでいる彼ら。仕事の顔とは全くの別人。
なかなか盛り上がっているではないかぁ・・・・。私の音楽の血が騒ぎ出したぞ!
聞いているはなから、「私もこのステージに立ちたーい!」モードに入ってしまった。

d0005381_15213256.jpg


ね、皆バンドやらない?で、毎月第三土曜日あたりに、ライブを『フリンジクラブ』でどう?

ちなみにバンド名は・・・名づけて

『ドラゴンガールズ(龍女隊)』。

どや!やってみる?

追伸:めいろいちゃん、今日ちゃんと飛べた?朝早いフライトだったのに遅くまでつきあってくれてどうもありがとう!今日はゆっくり休んでね♪
[PR]
by dragonsommelier | 2005-06-12 15:17 | 音楽について

先日、有給休暇が終わりやっと香港へ戻ってきたヤイコを家に誘い、とっても久しぶりに
会うということで、二人で奮発して(ていうか私の独断と偏見で)ちょっと高めの?
(普通宅飲みでは質より量☆、100香港ドル前後のワインしか飲んだことがない)というと、
ちょっと高い?ではないな・・・こんな高いワインを家で飲んだ。

かなり良かったぞ~!またまた改めてワインが飲めることの喜びをかみしめてしまった。
ちなみに次の日は、まだ週のなかばの木曜日、私はオフィスでパーサーの子達を
教える日だったんだけど、ちょっとお酒くささを香らせながらも機嫌よ~く授業が進められた
一日でした。

ヤイコ~!なんかさぁ・・・このワインを最初に香った時、

「なんか青臭いベジ系ピーマンみたい!」って言ってたの覚えてる?

やっぱりメルロー主体だけど、25%カルベネフランも混じってたよ!
やっぱ私達ってソムリエールじゃん!



<ドラゴンソムリエのワインテイスティングノート>
銘柄:Chateau Faugeres (シャトー・ホジェール), Saint-Emilion Grand Cru
Chateau Faugeresをもっと知りたい方はこちら

d0005381_23261779.jpg外観:澄んだ紫色、濃いルビー色、中庸な色合い、ジャンブは中庸。

香り:(第一アロマ)カシス⇒ブラックカラントの芳醇なベリーの香りと同時に、普通は第二アロマから香ってくる、なにか青臭いグリーンピーマンのようなベジ系の香りが最初の印象。
(第二・第三アロマ)ヨーグルトような発酵からくる香り、マッシュルーム、スパイシーな胡椒の香り。ニコリス。鉄。土をイメージさせる。
味わい:口に含むとしっかりとしたタンニンの渋みを感じる。メルローというと野生的動物系のイメージだが、ワイルドというよりエレガントで上品なフィネスがある。タンニンがとても効いているので、もっともっと寝かして、5年それ以上10年くらいが飲み頃。(タンニンがこなれてくる?)余韻は6~8秒。

アルコール度数:13.5%
葡萄品種:メルロー 70% ・ カルベネフラン 25% ・ カルベネソーヴィニョン 5%
生産地:ボルドー、サンテミリオン地区
収穫年:2001年
標準小売価格:HK$450(750ml)
適温:16度
相性のよい料理:牛ロースステーキ、もしくはビーフシチュー。鰻の料理(甘めの蒲焼のような)
ロバート・パーカーJr. ポイント: 90 点(かなり高いぞ!)

<本日のワイン用語>
Grand Cru: サンテミリオン地区の格付けには、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ(第1特別級)、グラン・クリュ・クラッセ(特別級)、グラン・クリュ(特級)の3つのランクがあります。このシャトー・フォジェールは、グラン・クリュ(特級)にランクされています。
ニコリス:甘草。よくアメリカのお菓子で黒いグミキャンディがあるの知らない?
甘いような龍角散みたいなアノ香りなの。
フィネス:上質な、洗練されたという意味の仏語。
ロバート・パーカーJr.:現在世界でもっとも影響力をもつワイン批評家。100点法による採点を初めてワインに適用し、自然なワイン作りを強く擁護する。
[PR]
by dragonsommelier | 2005-06-10 23:32 | ワインについて

新たなる野望!


去年、私はソムリエ試験を受けた。4月頃から勉強を始めて7月末に一次試験。
丸々4ヶ月、必死に勉強をした。一日5時間は当たり前。

週末だと朝の10時から夜の10時、12時間も勉強するなんて、大学受験以来だったと思う。

それまでは、仕事から帰ったら近くのビデオ屋でビデオをかりてきて、
4,5時間観るような毎日。

「ストレス発散発散~!リラックスしなきゃ~!」とほんと怠惰な生活をずっと続けていた。

ソムリエ試験合格の通知を妹から電話で知らされた時、ほんとに飛び上がるくらいに
うれしかったし、

「私にだって、死ぬ気(ちょっと大げさ)でやればやってできないことはないんだ!」と

自分に自信を持つこともできた。

d0005381_0462592.jpg同時に、なんで私はこれまでたくさんの時間を無駄にしてきてしまったんだろうと深く反省もした。今年も早くも6月。2005年のもう半分が過ぎてしまったではないか。あれれ?またもや生活は変わらず。ソムリエ試験が終わったという安心感で、ここ半年、またもやビデオ三昧、ワイン三昧の毎日だ。

これではいけない。何かまた始めなければ!
で、また友人に誘われ、私の次の新たなる野望は・・・。

「チーズプロフェッショナルになってやる!」

d0005381_0465522.jpg
と他の友人に告白したら、「ワインの次はチーズ?おまえはケータリング(機内食を作っている会社)にでも就職したいんか?」と言われた。



今日は6月3日。
第一次試験は、
7月24日。




「ゲッ!」


2ヶ月もないじゃないか?
飲んでる場合じゃない!
ビデオ観て笑ってる場合じゃない!

d0005381_0481064.jpg
ということで、皆様。キャメロンはこれから「ヒキコモリ生活」
入らさせて頂きます。でも、皆とずーっと会えないのはあまりにも寂しいので平日にはどうかディナーにでも誘ってやって下さいませ。
[PR]
by dragonsommelier | 2005-06-02 01:00 | チャレンジするということ

女の醍醐味。

d0005381_11441550.jpg
今度生まれ変わってもやっぱり、

女がいい?

男がいい?

私はやっぱり女がいい。


短大入学が決まって、入学式にと母がスーツに合わせて白のハイヒールを買ってくれた。

「ヒールかぁ・・・。」

高校の時はもちろん、ペタンコの靴ばっかりしか履いたことなかった。私の足は、上から下まで「ズドーン」の象足だったので、足首がないことで皆に

「アシクビ」と呼ばれていたくらいだった。

おばあちゃんが踊りの練習をする畳の部屋に唯一全身が写る大きな鏡があって、
その前に立って、ヒールを試しに履いてみた。今でもその感動は忘れられないんだな~。

「ズドーン」だった足が、なんだかとってもスマート♪

足首がないって?あるじゃないか~!すごい締まって見えて、
とっても自分の足とは思えない。
畳の上をヒールを履いて前へ後ろへ(おばあちゃんごめんなさい。)CAT WALK♪、
私の足ってまんざらでもないじゃないかと思ってしまった。
私のでかい顔、ま、6等身くらいがヒール分だけ縦に伸びて、7等身くらいには見えないか?
なんという『ヒール効果』それから、私はジムに行く時以外、ヒール以外の靴を
履いたことがない。


私が初めてお化粧というものをしたのは短大に入ってからだったし、
ちなみに一番最初に買った化粧品ブランドは『ソフィーナ』。
明日どんなメイクをしていこうか考えると夜も眠れなかった。
早くメイクをしたくて朝がくるのが楽しみだったくらいだ。

着ていく服や食事をするお店の雰囲気に合わせて、アイシャドーや口紅の
色を合わせることを教わったのも短大の友人からだった。

日焼けしたくない私はセルフタニングローションを使って、肌を黒くみせたり、
鼻を高く見せるのにハイライトを使ったり、ぽっちゃりした輪郭をシャープにみせるべく
シャドーをほどこし、眉を細くしてモード系メイクににチャレンジ、付けまつげやラメ、
唇ぷるぷるグロス・・・叶姉妹バリのパールのボディーローション・・・楽しいことこの上ない。
今、私が学生だったらきっと、「やまんばメイク」にもチャレンジしていたに違いない。

お化粧をすることで、気分が全然違ってくる。女の子にお化粧することもヒールを
履くことも許されないとしたら、やっぱ男に生まれた方がよかった?

皆は、どっち?やっぱり女?それとも男がいい?
[PR]
by dragonsommelier | 2005-06-01 11:47 | 女であることについて