ノンデタベテウタッテ飛んで、またノンデ。香港他アジア近辺でのキャメロンライフをご紹介していきたいと思ってます。


by dragonsommelier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:音楽について( 3 )


久しぶりにランクワイフォンまで、めいろいちゃんと繰り出した。
ドラゴンボートの人たちで、今日は人いっぱいなんだろうな~なんて
思ってたけど、意外に夜7時半のランクワイフォンは静かだった。

本日の目的:
その① 久しぶりに会っためいろいちゃんの私生活のアップデート。
その② キャメロンの最近の近況報告。
その③ うちのコックピットがやってるバンドの発表会(ライブ)を聞きに行く。

食事は「Balalaika](ロシア料理)ですませ、(TSTのKnutsford Terrace
にもありますよね。)、夜もふけた10時半頃、参りました『フリンジクラブ』に・・・。

d0005381_15194043.jpg


まず入ると、日本人のバンドが演奏をしていたんだな~!あれはなんという音楽の
類(ジャンル)?ロッケンロール?なんだ?最近音楽からほど遠い生活をしている私は
それすらもわからない。ベース、ギターのテクニックは繊細・・・ボーカルは?どうかな?
ねぇ、めいろいどう思う?ちなみにドラムは知り合いの方でびっくり。

d0005381_15203197.jpg


で、その次はうちのコックピットのキャプテンマーカス率いるバンド。

d0005381_1521872.jpg


フーん。日頃一緒に飛んでいる彼ら。仕事の顔とは全くの別人。
なかなか盛り上がっているではないかぁ・・・・。私の音楽の血が騒ぎ出したぞ!
聞いているはなから、「私もこのステージに立ちたーい!」モードに入ってしまった。

d0005381_15213256.jpg


ね、皆バンドやらない?で、毎月第三土曜日あたりに、ライブを『フリンジクラブ』でどう?

ちなみにバンド名は・・・名づけて

『ドラゴンガールズ(龍女隊)』。

どや!やってみる?

追伸:めいろいちゃん、今日ちゃんと飛べた?朝早いフライトだったのに遅くまでつきあってくれてどうもありがとう!今日はゆっくり休んでね♪
[PR]
by dragonsommelier | 2005-06-12 15:17 | 音楽について

SOHOの隠れ家。

先週の土曜日。友人Mケリーとご飯をすませ、「SOHOで知り合いがライブをするから聴きに行ってみる?」というので、SOHOに出向くことにした。さすが土曜の夜のランクワイフォン・SOHO。人・人・人でいっぱいだ。歩いて歩いてやっと辿り着いた小さなお店。ドアを開けるとすぐアルトサックスの心地よい音色が響いてきた。あれ、すごく狭い。そのアマチュアバンドはギター、ベース、アルトサックスで構成される3人のバンド。ジャズだ。ほろ酔いくらいに聞くジャズほど心地いいものはない。(泥酔状態もしくは仕事に疲れている時などに聞くと即安眠間違いなしだが・・・。)
d0005381_1614556.jpg
私達はハシゴを上って、屋根裏部屋のようなとこに通され、上から下を見下ろすかたちで、ライブを聞いた。そのお店、実は普段はバーではないらしく、昼間は美容室。音楽好きの美容師のオーナーが友人アーティスト達のためにライブの場所を提供しているのだそうだ。
d0005381_162597.jpg
毎月第一、第三土曜日の10時半から12時までの1時間半ライブを行っている。1ドリンク$50。場所は口でいうのはむずかしいな~。皆んな興味があったら今度連れて行ってあげる。たまに聞くジャズはほんといいもんだ。
[PR]
by dragonsommelier | 2005-04-04 16:05 | 音楽について

大好物 Blind Boys!

最近ある友人Mケリーに誘われ、Blind Boysのコンサートに行った。

今、香港は2月17から3月末まで、香港芸術節 Hong Kong Arts Festival と銘打って、世界各国から様々なジャンルのアーティストがやってきて、Hong Kong Caltural Center や City Hall でコンサートをやっている。オーケストラ、中国歌劇団、サーカス、バレエなど等々ほとんど毎日のように、何かが催されているらしい。

Blind BoysはMケリーに連れて行ってもらうまで、どんなグループかも知らなかった。
黒人7人組(その時代ごとにメンバーも変わってきている。)のゴスペルを歌うバンドだ。彼らがこれまでに発表してきたアルバムは、何度かグラミー賞を受賞したこともあるのだそうだ。

せっかく聞きに行くのに何も知らなくては、恥ずかしいとHMVに彼らのアルバムを買いに行った。やっと見つけたBlind Boysの棚には1種類のアルバムしか置かれていなかった。
「Praying Time」というタイトルのアルバムを買い、家で早速聞いてみるとなかなかよい。
この感じにあうのは、ワインを片手にというよりは、やはりバーボンだなと思った。

コンサートが始まった。ステージの奥から、拍手とともにBlind Boys の登場。みんなショッキングピンクのスーツだ。かっこいい。その中の一人はもう80歳は超えるんじゃないかと思えるくらいのヨボヨボのオジイチャンだ。大丈夫だろうか?

一曲目が始まると・・・もう私はBlind Boysのファンになっていた。すごく厚みのあるハモリとバランス。どっから声出してるのかというほどの声量。身体いっぱいでリズムをとり、心にズカズカっとしかもふぁぁぁぁっとしみてくる。3曲目ですでにみんなスタンディングオベイション!総立ちで拍手を彼らに送っていた。

一番すごかったのは、メインボーカルのJimmyちゃん(80歳は超えてるんじゃないかというよぼよぼのオジイチャン。)は目も見えないのに、客席におり(メンバーの一人に連れられてはいたが)会場をグルッと一周りしながら、みんなのすぐ目の前ですばらしいソプラノの声を響かせた。

なんかいいよな~。心が洗われる感じ。久しぶりにいいものを聞かせてもらったよ~。なんか明日からまた頑張ろ!っていう元気をもらったよ。ほんとに。

その後は、興奮も覚めやらず、MケリーとIFCの「Cusine Cusine」でシャンパンで乾杯!ここもまたKowloonサイドの夜景が一望でき、みんなにも一度は行ってみてほしいナイトスポットです。

d0005381_17164429.jpg
みんなも機会があったら、ぜひ彼らの歌声を聞いてみて。3月15日に新しいアルバム「Atom
Bomb」
というのがリリースされたそうなのでぜひ買ってみよう。でもHMVにはないんだろうな・・・。やっぱりAmazon.comで買うしかないな。

Blind Boys 公式サイトはこちら!
[PR]
by dragonsommelier | 2005-03-20 02:31 | 音楽について