ノンデタベテウタッテ飛んで、またノンデ。香港他アジア近辺でのキャメロンライフをご紹介していきたいと思ってます。


by dragonsommelier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:仕事について( 35 )

巣立ち。

新人44名がトレーニングスクールを巣立っていった。

3日に一度の試験。全教科合格点90%をとり、2度落としたら
それでおしまい。プレッシャーとストレスを感じずにはいられない長い長い6週間の
トレーニングを終え、晴れて彼女達はフライトアテンダントになった。

今日は卒業式。ご両親やボーイフレンド達と一緒に卒業をお祝いする。

ドジでのろまなカメちゃんだったあなたの背中に、
柔らかなちっちゃな羽が見えてきたよ。

あのどこまでも果てしなく続く大空があなた達の職場。

飛べる喜び。
たくさんの人達と出会える喜び。
違う文化に接する喜び。
お客様に満足して頂くサービスができた時の喜び。

たくさんの喜びを感じて・・・

この仕事を選んで本当によかった。

そう感じてくれるようになったら、私達インストラクターもうれしい。

「I look forward to flying with you soon!」
(あなたと一緒に飛べる日を楽しみにしてる。)

トレーニング中、ドリンクひとつも手が震えてサービスできなかったあなたが、
機内で一人前に働いている姿を早く見たい。

私達と同じチームメイトとして飛べる日を楽しみにしてる。

Good Luck! 卒業本当におめでとう!

d0005381_1442563.jpg

               卒業式を終えて、ほっと一息。
d0005381_14431210.jpg

        某D航空会社 キャビンクルーインストラクターの面々。
                  「お疲れさま~!」
[PR]
by dragonsommelier | 2005-10-05 14:39 | 仕事について
悪夢を見る。泣いて目覚める。

よく考える。どんな夢を見ていたのか?

泣いている。なんで泣いているのか?

そのほとんどの場合。私は今の仕事をなんらかの理由でやめなくては
いけなくなって皆にお別れを言う・・・感極まる・・・もう皆に会えなくなる・・・。
悲しくて悲しくて・・・それで目が覚める。

今日は、私の所属する某D航空会社 キャビンクルー トレーニングチーム 
教官達が集まる月に一度のミーティング(最近は忙しくて半期に一度?)。

今日の議題:
①新人トレーニング 各自教官が受け持つクラスについての改良点。
②来年予定されているクラスについて
③フライトでの実体験と実際教えている授業内容との相違点。

時々、無駄話が入り~の、おやつの時間が入り~の、激論が交わされることもあり~の・・・そんなミーティングの中。時々、私は思うことがある。

世の中のどれくらいの人たちが、自分の好きなこと、興味のあることを仕事にできてるんだろうと。自分がいったい何をしたいのかわからないまま就職し、この仕事自分に向かないんじゃないかな~と思いつつも仕事(会社)に自分を合わせていく・・・そうしながらその仕事にだんだん興味が持ててくる。

「卵が先か鶏が先か?」ほとんどの場合が「鶏が先?」の方だろう。

現役の頃?短大2年生の就職活動の時、面接の度に言っていたことがある。

「自分の才能を最大限に生かせる仕事を考えた時、この会社だと思い志望しました!」

今、振り返るとほんとバカだな~と思う。才能ってなんだ?たかが二十歳の若僧が!

d0005381_2525654.jpg私はほんとに運がよかったんだ。自分には向いてるんじゃないかとは思ったけど、実際やり始めて、この仕事が天職かどうかそれは正直疑問なところがある。外からでは見えなかった現実がそこにはある。でもね、少なくとも楽しめてるんだなぁ・・・。それだけでも、すごいラッキーなことだと思うの。


d0005381_2533962.jpg激論を交わすこともある。ミーティングでの喧嘩はもちろんありでしょ。同じ目標を達成するために必要不可欠なことだから。辛辣な批判とかもあびせちゃったりして、お互い正直にぶつかっていけるからこそ、かけがえのない仲間になっていくのかなぁ。(ひょっとしてこんな風に感じてるのは
日本人の私だけ?)

ミーティング中、皆の顔を見ながら、不謹慎にもそんな徒然なることを思いめぐらせてしまって、イトオシイこの仲間達にいつかお別れを言うことがもしあるとしたら・・・。

ああああ・・・・こんな悲しいこと、今は考えたくないんです。っていうかまだまだ先のことであってほしいなと思うキャメロンでありました。
[PR]
by dragonsommelier | 2005-10-01 02:47 | 仕事について

ショック。

昨日と今日と二日間オフィスで授業。

あと二日でトレーニングスクールを卒業する子達が6人ほど集まって、
廊下でワイワイガヤガヤ。楽しそうに話をしていたので、
その傍をとおりかかったキャメロン。


「・・・・・キャメロンさん・・・・好似(ホウチ) うふふっ♪ きゃきゃっきゃ♪・・・・」


と聞こえてきた。確かに私の名前が聞こえたぞ?何なにナニ?

で、キャメロン聞き返す。

キャ:「メーシィーアァ~? (どうしたの?)」

生徒:「えっとね~!キャメロンさんがこの子のママに似てるの~!」

キャ:「えっ?  (し~ん)  」

私はショックにあまりに目をこすりそうになった。いや違う。耳を疑った。

キャ:「ママ?ってちょっとぉ~!」

生徒:「見てみて~!キャメロンさん~!似てるでしょぉ~?私のママに♪」

と、その写真を覗き込むキャメロン。私に似ているママとその娘はうりふたつ。
ママなのかその娘なのかわからないくらい。
(と、ママが若く見えるということを強調しておかなけらばならない。)

で、私はあることに気がついた。

キャ:「あのさ。(動揺を隠し切れない) あなたのママいくつ?」
生徒:「ハイっ!     42歳デッス♪」

キャ:「・・・・・・。」   

   「あの・・・私まだそんな歳じゃないのよ。」

生徒:「 キャハハハハハ♪ キャハ♪ キャハハっ♪」

時に、彼女達の無邪気さは残酷にも私の心を傷つけ・・・・・
姉でもなく、知り合いでもなく、ママに似ているというこのショックな出来事。

誰か~私をここから~救ってちょうだい!


by 立ち直るのにあと1週間はかかりそうな撃沈キャメロン
[PR]
by dragonsommelier | 2005-08-30 11:29 | 仕事について

新しい仕事場♪

今日から、3日間新人トレーニング。
私の今日のとってもうれしかったこと。
新しい教室で授業をしたんです。

本社ビル内ですが、ワンフロア-に15室もの教室が新しく設置され、
キャビンクルーとグランドスタッフのトレーニング、社員教育、はたまた
社内会議のために使われます。一番大きな教室は60名収容。
教室内は最新設備が整っています。

照明なんか自由自在。大きなスライドを映すスクリーンもあって、
マイクなんかも使えます。(いつかDVDカラオケなんか流して歌っちゃうだろうな~!)
もひとつ、欲しいもの。   ♪ミラーボール♪と教壇(ステージ)。

なんか本物の授業って感じだった。
同僚も誘って、くるっとフロア-を一周、皆んな大はしゃぎでした。

d0005381_22541457.jpg

9月にまたここにお引越し。本社ビルができてから4回目のお引越し。
後ろに見えるのは、新人募集で二次面接にきていた方々。
d0005381_22544519.jpg

みんな迷子にならないでね。
d0005381_2255613.jpg

この教室が一番小さい。20名収容。
d0005381_22554359.jpg

私の同僚。アニータとティファニー♪
[PR]
by dragonsommelier | 2005-08-17 22:57 | 仕事について

d0005381_18151743.jpg

これは、なんでしょう?
飛行機の心臓部分。コックピット(操縦室)の天井にズラーッっとならんだボタンの数々。
今日は新人22名を連れて本物の飛行機の中でトレーニング。飛行機の中の設備に
ついての勉強。

d0005381_18161583.jpg

訓練一日目、パスポートを持ってくるのを忘れた子が4人。空港の中に入れず、1日目を無駄にした子がいたり、指定の時間に戻ってこない子がいたり、空港入港許可証を落としてなくしちゃった子が一人。

教官って、キレそうになっても我慢我慢。子供の面倒を辛抱強くみる母のような寛大な気持ちでいなくちゃいけないんだなあ・・・と改めて思った2日間でした。

コックピットを久々に見て思った。もしもう一度チャンスがあるなら、パイロットもいいなぁ・・・なんて♪ もちろんカシコクないと無理な話だけど、もう一度生まれ変わって、もしも頭が良くって決断力にタケてたらぁ・・・のお話。

d0005381_18165474.jpg

それと管制官もいいなぁ・・・。あの建物の中で働いている人に私はこれまで一度もお会いしたことがない。どんな人が管制官をやってるんだろう?世界中から飛んでくる飛行機を一度でいいから自分の手でコントロールしてみたい♪

皆はもう一度生まれ変わったら何になってみたい?
[PR]
by dragonsommelier | 2005-07-05 18:18 | 仕事について