ノンデタベテウタッテ飛んで、またノンデ。香港他アジア近辺でのキャメロンライフをご紹介していきたいと思ってます。


by dragonsommelier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

私のカリスマがいなくなった後に。


昨日7月8日をもって、私の尊敬するボス クリスティーナが退職した。

d0005381_14241942.jpg



教官になってから丸8年彼女と一緒に働いてきた。 
右も左もわからなかった私を基礎の基礎から、
一から教官に育ててくれた人である。

この8年間、何人も教官がやめてみんなフライトに戻っていった。

その度に私もそろそろ教官やめようか? 飛ぶ方が楽じゃないか?
飛ぶのは45歳までだし、教官はそれからでもできる。
フライトに戻ろうか戻るまいか?

その迷いを消してくれた存在が彼女だった。

決して彼女のために、教官をしてきた訳ではない。

でも、彼女に追いつくために、彼女みたいに いつか なりたくて
私はこれまで頑張ってきたのではないかと思う。

私のカリスマだった。

迷った時には、いつも確かな道しるべを示してくれ、
励ましとアドバイスをくれた。  どんな時でも他者と戦ってくれ、
私達チームを守ってくれた。

彼女と一緒に働けることが私の自慢だったし、
自分への自信にも繋がっていったように思う。

今朝、いつものように、「Good morning!」 と挨拶をすると、
もう彼女のデスクは空っぽで、「キャメローン、Good morning!」と
「How are you?」と、あの笑顔はもうそこにはなかった。

d0005381_1424332.jpg


それでも、授業がある。 彼女がいなくても会社はまわっていってるんだ。

しっかりしなくちゃ。 この8年間、彼女のやり方全てを見てきているのは、
私しかいないんだ。

これからも教官をやっていくと決めたのに、
彼女の今までに変わることの決してなかった情熱を次に繋げていくために、
今のチームを守っていくために、頑張るって決めたはずなのに、

今朝の授業は、ボロボロ。100点満点中の  たった 40点 程度だったように思う。

あああ、なにやってんだ。  私。

クリスティーナの教え子 「教官第一号。」 彼女の顔が丸つぶれじゃないか。

もっと、頑張らないとな。


クリスティーナ、本当にお世話になりました。

あなたの存在は大きかった。

私の人生の中で一番大きな影響を与えてくれた人でした。

今でも思います。

いつか、あなたみたいな人になりたいと。

本当に本当にありがとうございました。

d0005381_142446100.jpg



送別会の様子はこちら。
[PR]
by dragonsommelier | 2007-07-10 14:18 | 仕事について