ノンデタベテウタッテ飛んで、またノンデ。香港他アジア近辺でのキャメロンライフをご紹介していきたいと思ってます。


by dragonsommelier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

キャメロン講座 サービスの心得


私はサービスマナーや、人をおもてなしする時のサービスの心得など、
仕事柄教えているせいか・・・普段から、授業のネタ探しというか職業病なのか、
どこへ行っても、店員の接客態度やお店のサービスに自然と目がいってしまう。

今年は、ワインの他にも(最近は全然書いていないけど)、
サービスについても気づいた事をブログに書いていくことにしよう。

それでは、キャメロン講座 第一弾。 

「サービスの心得 その①」

某有名すし屋 「すしX」 にて ウィンクとランチ

キャメロン:「すごいここの北海道丼おいしかったよね~。」

ウィンク:「ほんとおいしかった。ランチセットに紅茶ってあるから、
そろそろレモンティーでも頼もうかな?」

ウィンク:「すみませーん。」とウェイトレスを呼び止める。

このウェイトレス。 ちなみに香港人。

ウィンク:「レモンティーお願いします。」

ウェイトレス:「レモンティーはありません。(きっぱり無表情)」

ウィンク:「じゃ、何があるの?」
ウェイトレス:「コーヒーと紅茶 です。」

ウィンク:「 ?。  じゃ、ミルクティーをお願いします。
でも、ミルクは別々で持ってきてもらえますか?自分で量を調節したいので。」

(こう言っておかないと香港では、前もって紅茶にミルクが混ざって出てきてしまう。)

ウェイトレス:「このお店では、最初からそのようにして紅茶は出してます。」

といい終えたかいわないかのタイミングで私達のテーブルを去る。

ウィンク:「・・・・・・。」

この会話は広東語で交わされたのだが、明らかにわかる。
目の前で何が起きたのか・・・雰囲気と言葉の調子でよくわかる。

さて、皆様。 このウェイトレスがとるべき行動と会話とはいったいなんだったんでしょう?

さて正解は?
[PR]
by dragonsommelier | 2007-01-29 15:50 | 仕事について