ノンデタベテウタッテ飛んで、またノンデ。香港他アジア近辺でのキャメロンライフをご紹介していきたいと思ってます。


by dragonsommelier
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

母と浴衣。

今回、母が初海外。初香港。

いろいろ計画を練った。

どこに連れてこ。

前回、妹みっちぃのとこに遊びに行った時、
母がしゅうたんに宛てて書いたはがきに、

「ババは、ことしはなびをみれなかった・・・
らいねんはババといっしょにはなびをみにいこうね。」

と書いてあった。


んんん?   いいんじゃな~い。  これ実現できるんじゃな~い?


私の、あたまんなかのコンピューターがクルクルフル回転。


香港10月1日は、国慶節。(中国の建国記念日)

香港で年に一度花火があがる。

私がまだ小さかった頃、母が私に浴衣を着せお化粧までしてくれて、
近所の盆踊りやら、花火大会に連れて行ってくれた。


これだ!


母に浴衣を着せて、花火を観に行こう!

今年もR夫ちゃんちのホームパーティーに誘われている。
R夫ちゃんちはチムサーチョイでバルコニーがすごい広いお家なので、
そこから花火を観ながら カンパーイなんてこともできるのだ。

私は、香港に何枚か浴衣を持ってきているので、そのうちの一枚、
母に似合いそうな浴衣を選び、今回は私が母に浴衣を着せ、
化粧もしてあげた。

どうだ!  今風だろ?

「ヨシカちゃん、うれしいわぁ。浴衣なんて20年ぶりよぉ~。」

母は、ちょっと興奮気味。

タクシーに乗って5分ほどのR夫ちゃんちへ向かう。

がしかし、チムサーチョイは人。通行止め。一方通行。

とんでもないところで降ろされた。

ブスくれる私。    それをなだめる母。

「ヨシカちゃん、いいじゃな~い?この私達の浴衣、香港の人達に見せてあげましょうよ。」

母はとても元気。 しかも楽しそうに歩く。


d0005381_15102799.jpg

いっぱい写真を撮ってあげた。

R夫ちゃんちにギリギリ午後8時到着。

花火は8時からと思ってたからあせってたけど、今年は9時からだったのね。

ホッとして、そっからカンパーイ!



d0005381_15111175.jpg
R夫ちゃんちには、15人くらいの人が集まってたけど、母は臆することもなく、初対面の人たちの輪に入って、おしゃべりしている。

午後9時 「ドンドーン。 パラパラパラ。」 花火がはじまってベランダから花火見物。

「ヨシカちゃん、R夫ちゃんありがとうねぇ~。お母さんもう思い残すことないわぁ。」



d0005381_15114022.jpg


母よりも酔っ払ってしまった私を心配してか、

「ヨシカちゃん、そろそろ帰った方がいいんじゃないの。」

タクシーでまた家路に着く。


d0005381_15115898.jpg

ちょうど家の前で、香港人の若いカップルに遭遇。

浴衣姿の私達を見て、一緒に写真を撮ってくださいと頼まれた。

「いいわよぉ~♪」





d0005381_15122682.jpg


この母のうれしそうな顔。

家に着いてからも、しばらく浴衣を脱ぐのを惜しそうにしていた。

また、来年も浴衣着て花火見に行こうか。 お母さん。



62歳の還暦をすぎた母が、少し若く美しく見えた夜だった。



花火の様子はコチラ。
[PR]
by dragonsommelier | 2006-10-04 15:08 | ファミリーについて