ノンデタベテウタッテ飛んで、またノンデ。香港他アジア近辺でのキャメロンライフをご紹介していきたいと思ってます。


by dragonsommelier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

某C社の60周年記念イベント。

私はいつも通勤には、いわゆる社員バス?というのを利用している。

出発7時50分。いつもなが~い列を作ってみんなバスを待っている。

ところがだ。ふっというかはっと目にとまった赤装束に身をつつんだ奇妙な
いでたちの女性が一人その列に混じっている。

なんだか、丸い不二子不二夫(字はあってる?)先生のような絵描き人のような
丸いしかも赤い帽子をかぶっている。

d0005381_0544843.jpg


「なんだなんだ~こんな格好でオフィスで働いてんの~!」

とおもむろに彼女も持ち物をチェック。

「あれっ、なんで某C社のスーツケースとショルダーバック下げてるの?」

私の興味は深々・・・・最高潮。

バスが来るなり、まず彼女の顔を見て、年齢確認。しっかり写真を隠し撮り。

d0005381_0551726.jpg


「40代ははるかに超えてる・・・。」

彼女の座った席を確認。即座に通路をはさんで真隣の席をキープ。

キャメロンはどうしてもどーしても聞きたかった。

「なんでこんな服着てんの?」

で、我慢できない私は聞いてみた。

「なんて素敵なお洋服?これはユニフォーム?」

彼女:「そうなの。C社の60年代に実際にキャビンクルーが着ていた
ユニフォームなのよ。」

えっ、その当時着ていたヤツですか?





そんなこと言っちゃったら、まるで

「確実に60代は超えてますね!」とダメ押しをしてるようなものだ。


あ、アブナイアブナイ・・・・(汗)


キャ:「でも、どうして今着てるの?何かイベントでもあるの?」

彼女:「今年は、我社の60周年を記念して、これから3ヶ月、今までに
使われていたユニフォームを着て実際にサービスするのよ。」

キャ:「全便でですか?」



彼女:「そう、ボランティアで約2000名くらいが昔のユニフォームを着て
サービスすることになったの。」

すごい。今や我社D社のボス、100%の株主。さすが他では今まで
試したこともない斬新なアイディアをお持ちである。

会社に着くなり、同僚が、新聞を持ってきて、

「これよ。これ!」

d0005381_056096.jpg


それからは、私はこの制服がいいだの。私のボスクリスティーナに関しては、
この制服までは私の現役時代まで着ていただの・・・一時間は仕事ほっぽり
だして、この話題に花を咲かせておりました。

でも、この制服意外に可愛かったのよ。       ミニスカで・・・。

d0005381_056143.jpg

[PR]
by dragonsommelier | 2006-07-07 00:53 | 仕事について